HOME製品 >厨房便利グッズ

厨房便利グッズ ご紹介

①ぬっくん(オイルウォーマー)

寒い時期必見!

  ぬっくんは、商品名からも想像出来るように

  一斗缶に入った「ショートニング」「ラード」「パーム油」などの

  固形油を溶かす(65℃程度)用途に使用します。

使用中イメージ

 

 ぬっくんの「プレート部分」と「台車部分」を組み合わせたものに一斗缶を載せます。

この段階で電源コードを差し込みスイッチをONにすると、固形油の状態にもよりますが、65度程度の油に3~5時間で溶解します。

【ポイント!!】

一斗缶の上面が開いている場合、菜ばしなどの長い棒で固形油に深穴を開けると、温まった油が上面に染み出し、より効率的に油を溶かすことが出来ます。

ぬっくん(使用中イメージ)
ぬっくん(使用中イメージ)

プレート部分

ぬっくん(プレート部分)
ぬっくん(プレート部分)

 

ぬっくんのプレート部分です。

  • 電源コードの差し込み口
  • 電源スイッチ
  • リセットスイッチ

などが付いています。


台車部分

ぬっくん(台車部分)
ぬっくん(台車部分)

 

ぬっくんの台車部分です。

台車部分にプレート部分をはめ込みます。

台車単体として一斗缶を載せ使用することもできます。

【ポイント!!】

油が固まらない時期などはプレート部分は使用せず、台車部分に一斗缶を載せるなどして活用出来ます。


組立イメージ

ぬっくん(組立イメージ)
ぬっくん(組立イメージ)

 

 

「プレート部分」と「台車部分」を組み合わせたイメージです。

ぴったりはまります。


ぬっくん仕様

型番 外形寸法(mm)

消費電力

(100V)

最高温度

(℃)

融解時間

(時間)

質量

(kg)

付属品 

HI型

255 295 110 150W 65※ 3~5

4.0

電源コード
※お客様の油の状態により変わります。火傷にご注意下さい。

 

②カストリーノ

油に溶けた片栗粉の粉まで濾せる!

従来のカストリ網(金網)では、微細なカスを取り除く事が難しく、

油の劣化や商品の品質を低下させる原因となっていました。

当社は、細かいメッシュの布で微細なカスまでキャッチし、

200℃までの高温にも耐える『カストリーノ』を開発しました。

使用例

 

 

レストラン油の簡易ろ過作業 スープのろ過作業

ラーメン店ラーメンスープのろ過作業

そば・うどん店ダシ汁のろ過作業

食品スーパー天かすの除去や揚げカスの除去

食品製造工場アク抜きや、不純物除去

カストリーノ(使用例)
カストリーノ(使用例)

専用枠

カストリーノ(専用枠)
カストリーノ(専用枠)

 

 

 

メッシュフィルターを固定する、ステンレス製の専用枠です。


布(メッシュフィルター)

カストリーノ(メッシュフィルター)
カストリーノ(メッシュフィルター)

 

 

専用枠に固定して使います。

メッシュフィルターには、専用枠取り付け用のボタンが付いています。

洗って繰返し使用することが出来ます。


③ミニ・キーパー

ミニキーパー
ミニキーパー

 

揚げカスを取り除きます!  

☆いつも良い揚げ物を!
☆油を無駄なく使う!
☆今日から貴店のお手伝い
身近なエコ商品「ミニキーパー」はロングセラー!!
30年前からおそばやさんでご愛用いただいている商品です
1日も早くこの体験をしてみませんか?
※油量が8リットル以上のお客様は廃油ナイスくんまたはスキットくんをお勧めします。

厨房便利グッズの問い合わせはこちら

メモ: * は入力必須項目です

QRコードを読み込むと、

【電話番号】と【メールアドレス】が表示されます。

サイト内検索

展示会情報

ご用命はこちらまで

TEL: 047-498-1322

FAX: 047-498-1323

Mail: info@j-mecha.co.jp

 

営業時間

9:00 ~ 17:00 (月〜金)

※メンテナンスは休日(9:00 ~ 17:00)も受け付けております。

Information

食用油高騰中!

食用油のろ過機に関しては、

メカにお問合せを!

メカ新社長ブログ

社長一年生がそろそろ終わります。 (火, 05 9月 2017)
>> 続きを読む

楽に罪悪感!? (水, 02 8月 2017)
>> 続きを読む

メカブログ

気づいたらもう二年を経ちました。IN株式会社 メカ ブログ開設(^_^) (木, 05 10月 2017)
>> 続きを読む

オリジナルスマホ置き IN 株式会社メカ iphoneX (木, 14 9月 2017)
>> 続きを読む

haiyunaisukunをフォローしましょう